ごあいさつ
横須賀市の中心市街地の核をなす中央地区は、商業をはじめ多様な都市機能が集積する三浦半島最大の繁華街として、その役割を果たしてまいりました。
しかしながら、近年の経済事情は厳しく、都市間競争による商業スペースの拡大・大型化が進み、当地区においていも商業施設・周辺整備の必要に迫られました。
横須賀市は、昭和60年に商業振興を中心とした「活力と魅力ある街」の創設を目標に「中心市街地整備計画」を策定し、その中に駐車場整備計画を位置づけ、車社会に適した「まちづくり」を計画しました。
特に、車利用による来街車対策には、「大規模駐車場の建設・周辺道路の整備が急務である」との結論がなされました。
駐車場については、地元商業者が中心となり、中心事業事業団、横須賀市、地元企業等のご協力を得て、
「商店街活性化商業整備事業」として、市役所前緑地の地下に大規模駐車場を建設するとともに、コミュニティ施設等を整備し、
中央地区商店街の発展に寄与する事を目的とした第三セクター「横須賀中央まちづくり株式会社」を設立、事業化に着手し、以降順調に事業を進めてまいりました。

会社概要

名称 横須賀中央まちづくり株式会社
本社所在地 〒238-0008横須賀市大滝町2-14
設立 平成3年2月20日
資本金 5千万円
株主数 127名 (H28.3.31現在)
施設名 市役所前地下駐車場(愛称「ぴぽ320」)

情報公開